育児グッズ

2022「足がつかない」を解決する最新ローチェア|良い姿勢で離乳食を食べよう

みぃ
離乳食が始まったわが子に、姿勢良く座れるローチェアを買ってあげたいな。

でもハイチェアに比べてローチェアは、成長すると合わなくなったり、足がつかないものばかり。

良い姿勢で座れるローチェアのおすすめが知りたい!

この記事ではこんな疑問にお答えします。

 

この記事の内容

・良い姿勢で離乳食を食べよう!足はちゃんとついてる?

・足がつかないを解決!成長に合わせて調整できるローチェア

・足がつくローチェアを使ってみた感想と使用風景

 

この記事を書いた人

じぃみぃ

・0歳育児に奮闘中のアラフォー夫婦

・悩めるお父さんやお母さんのチカラになりたい

・はじめて育児の情報発信をしています

 

私たちは床での生活なので、わが子にもローチェアを購入したいと思っていました。

 

しかし商品を調べていくと、ローチェアはハイチェアに比べて成長すると椅子が合わなくなったり、足がつかないものばかりでした。

しっかりと足がついて、良い姿勢で座れるものを見つけるのに苦労しました。

 

みぃ
「良い姿勢」っていう観点から探してみると、なかなか合うものがない、、、
一般的なものは調整ができないから、結局使えなくなるものが多かったよね。
じぃ

 

今回は私たちがおすすめする、良い姿勢に特化した「成長に合わせて調整できる最新ローチェア」の紹介です。

 

 

良い姿勢で離乳食を食べよう!足はちゃんとついてる?

 

こちらの写真は良い姿勢と悪い姿勢の比較として、とても分かりやすいです。

 

・左側が良い姿勢(体型に合わせて調整されている椅子)

・右側が悪い姿勢(体に比べて椅子が大きい)

足が浮いている、体ごと後ろに傾いている

 

ぱっと見た印象でも、離乳食を食べてくれそうなのは左側の椅子に座っている方ですよね。

 

「椅子が体に合っている=良い姿勢だ」ということ。

良い姿勢の観察ポイントとかってあるの?という方は、下記にまとめています。

 

 

良い姿勢の観察ポイント

食事のときに「良い姿勢」を観察するポイントとして、2つのことが大切になります。

 

足が床や足置きについているか?

両足がしっかりと床や足置きに接地していることが良い姿勢の条件です。

足首の角度がおおむね90度・膝の角度がおおむね90度になるのが理想的です。

 

後ほどくわしく説明していますが、足が設置していると姿勢が安定して、噛むことが上手にできたり、スプーンを上手に使うことに繋がります

 

 

しっかりと深く座れているか?

おしりが背もたれの所まで「しっかりと深く」すわれていることも良い姿勢の条件です。

 

しっかりと深く座ることができていないと、おしりが前方にずれた状態になり、体が大きく後ろに倒れたり猫背になってしまいます。

じつはこの原因が椅子の座面にあり、座面が大きすぎる(奥行きが長い)ためです。

 

みぃ
椅子の座面と足台の大きさが重要なんだね。
座る椅子でこんなに違うなんて!
じぃ

 

 

足をつけて食事をすると噛む力が20%もアップ!

足をつけて食事をすると、噛む力が20%もアップすることを知っていますか?

 

小さな時期は座る力がしっかりしていないので、バランスがとりづらい状態です。こんな時期は特に両足の支えがある・なしで安定感が全くちがいます。

 

足でしっかりとふんばることができると、背筋がのびて姿勢がよくなり噛む力を発揮することができるのです。

噛む力が発揮できると、あごの発達が促されて歯並びも良くなりやすいです。

 

また、足がついた状態は骨盤が起きるので安定されます。自分で手づかみをしたり、スプーンを上手に使えるようになることにも繋がってきます

 

じぃ
「足をつけて食べる」ことで噛む力はもちろん、手の動きにまで関わってくるんだね!
うん!食事にも集中できるようになるんだよ!
みぃ

 

多くの歯科医院では、小さな時期から良い姿勢で(両足がしっかり床についた状態で)食事することが推奨されています。

 

 

2022「足がつかない」を解決する最新ローチェア

 

「足がつかない」を解決する、成長に合わせて調整できるローチェア。

それがyamatoyaさんの商品、すくすくローチェアⅡです。

 

なんとこの商品、前商品が改良されて2021年10月に販売開始されたばかりの最新版なんです。

 

その機能の最大の特徴とも言える「姿勢を保つための細かな調整機能」のおかげで、5歳ごろまで長く使えるという優れものです。

 

 

 

すくすくローチェアⅡの特徴

ではさっそく、すくすくローチェアⅡの特徴を紹介していきますね。

 

 

特徴その①:座板と足置き板の細かな調整ができる

 

この商品の嬉しいところは、調整機能がついているので7ヶ月頃から5歳ごろまで長く使えるということ。

こんなにも長く使えるの理由は「座板」と「足置き板」の細かな調節ができるからです。

・座板-------4段階の調整

・足置き板---3段階の調整

この2つの板の微調整が可能なので、「良い姿勢」の条件である足首の角度が90度・膝の角度が90度をキープすることができます。

 

みぃ
こんな調整機能があるローチェアは他にはないよね!
買い替えしなくて良いから、長く使えるのが嬉しい。
じぃ

 

 

特徴その②:座りやすさを考えた設計

 

近くでみてみると、背もたれは背中にフィットしやすいようになめらかなカーブに。

座板の太ももの当たる部分も波型形状になっています。まさに「しっかり足がつく」ように工夫された商品です。

 

 

足置き板も広く作られているので、足が落ちずにしっかり支えることができます。

 

みぃ
細かなところまで考えて設計されているね!
発達段階の子供にとってはとってもありがたいよね!
じぃ

 

 

特徴その③:テーブルの上げ下げが簡単

 

テーブルの上げ下げも簡単にできるので、食事をしない時はふつうの椅子としても使えます。

大きくなったらテーブルを外して、大人用のローテーブルと合わせて使うこともできますよ。

 

みぃ
テレビを見る時にも使えるよね!
うん、ご飯以外にも普通の椅子として使う事が増えてきたよね。
じぃ

 

 

特徴その④:インテリアに馴染むデザイン

 

カラーは3色展開。どれもインテリアに馴染むナチュラルな色ばかり。

木の温かみが感じられて、とってもおしゃれなのが魅力的です。

どれにしようか迷ってしまいます。

 

みぃ
「良い姿勢」がサポートできるうえに、このナチュラルなデザインが好きなところ!
飽きがこないから、インテリアにも馴染んでいいね!
じぃ

 

 

 

 

足がつくローチェアを使ってみた感想と使用風景

離乳食を始めたばかりのころは、バウンサーや豆いすを使っていました。

バウンサーは子供が動くとゆらゆら揺れてしまうし、豆いすは椅子が大きくて足が浮いてしまう状態でした。

簡易的な足置きを置いてみたものの、足置きを蹴ってしまったりでなかなか大変でした・・。

 

じぃ
手作りの足置きも試してみましたが、実用的ではなかったです。

 

 

しっかり足がつく、良い姿勢が保てる!

実際にすくすくローチェアⅡに座っているときの様子も掲載しておきます。

 

ローチェアに座るとご機嫌のわが子。ニコニコです。

よく動く時期ですが、椅子の安定性ばっちりなので傾く心配もありません。

横から見たところ。背もたれにフィットして良い姿勢です。

足置き板が広いので、動いても足が落ちる心配もありません。

良い姿勢で座れるので、以前よりも食事に集中できるように。

 

みぃ
すくすくローチェアⅡを使い始めてからは、離乳食を食べる量がアップしました!
座るのが安定したから、離乳食をあげるのが楽になったよね。
じぃ

 

 

欲を言えば・・・(yamatoyaさんへの要望)

個人的な意見なのですが、「もっとこうだったらいいなぁ」という要望が2つだけあります。

 

・机の高さも調整ができたらいいなぁ

・椅子が折りたためたらいいのになぁ

この2点です。

 

生後7ヶ月ごろの小さな時期では、座った状態では机がやや高く感じます。

椅子を使わないときは折り畳んで収納できたらなぁ、、、私たちはアパート暮らしのため、部屋を広く使えるなぁ、、、という私たちの欲深さ(笑)

 

こんな要望はありますが、すくすくローチェアⅡは、他のローチェアにはない調整機能で「良い姿勢」をしっかりサポートしてくれる優れもの。

 

成長してくるにつれて、机の高さが体に適合してくるので、自分で手づかみ食べしたりスプーンの練習にもいい椅子です。

購入して実際に使ってみて、とっても満足しています。

 

じぃ
姿勢を重視したいパパママさんには、本当におすすめのローチェアです!
ばぁぶぅ〜!(すわりごごちがいいよぉ!)
なぁ

 

 

まとめ

私たちがローチェア選びで意外に困ったことは、「良い姿勢」で座れるものが少なかったということです。

 

「足がつかない!」という悩みを解決してくれる、最新のすくすくローチェアⅡ。

 

座板と足置き板の細かな調整ができるので、成長に合わせて「良い姿勢」をサポートしてくれる優れものです。

長く使えるローチェアを探している、今使っている椅子は姿勢が崩れてしまう・・というパパママさんにおすすめします。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

 

↓ 自然に自分で食べる力がつく驚きのスプーン!はじめてのスプーンにおすすめです。

これも読みたい
【スプーンを嫌がる】1歳が握りやすい設計!自分で食べる力が育つスプーン

1歳になるとはじめてスプーンを経験する時期ですよね。そんな時にスプーンを嫌がって使ってくれない...というお悩みがつきものではないでしょうか。今回の記事ではスプーンを嫌がる理由と、1歳が握りやすく設計されたスプーンの紹介をしています。

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

じぃみぃ

自然が大好きなのんびり屋の夫婦です。 初めての育児に大奮闘中。 一度きりの人生、たくさんの幸せな思い出を作るために全力で歩んでいきます。

-育児グッズ